入試や就職の問題対策|通信講座を利用して公認会計士の勉強をしよう

通信講座を利用して公認会計士の勉強をしよう

入試や就職の問題対策

作文用紙

きちんとした対策を

小論文、という試験があることをご存じでしょうか。小論文は、ある程度文字数の決められた範囲の中で、与えられたテーマに沿って論文を即興で書く、というテストのことです。就職試験や、入試などで良く出題されます。小論文では、物事を論理的に考える能力や、文章の組み立て能力、文の言い回しや表現能力などを総合的に判断するためのもので、決まりきった回答がないため、努力次第で高い点数を取ることが出来る試験なのです。しかし、同時にきちんと小論文対策をしていないと、本番で全く文章が浮かばなかったり、きちんとした文章を組み立てられなくなったりしてしまうため、小論文の対策は早くからきちんとしておくようにしましょう。入試や試験の最低でも2か月程度前から、対策を始めることがおすすめです。

おすすめのサービス

小論文は、まず慣れることが大切です。たくさん文章を書いてみることで、ある程度論文を書くというプロセスを理解出来るようになります。そしてそのためにおすすめなのが、添削サービスです。小論文は、明確な答えが無いため、友人たちと採点し合う、ということが難しくなります。添削サービスでは、通信教育というシステムを使って、自分の作った小論文をきちんとした講師の方に添削してもらうことが出来ます。採点やアドバイスも、自宅にいながら受けられるので交通費などがかかることもなく、また自分の好きな時に行えるのが魅力です。またきちんと添削してもらうことで自分の苦手な部分が浮き彫りになるので、対策が立てられるようになります。小論文対策には、是非通信添削サービスを使ってみてはいかがでしょうか。